読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさ子の育児日記

2015年12月に第一子を出産。育児日記以外に、ベビ待ちの記録とマタニティライフ、ごはんにデザート、御猫様・・・その他いろいろ綴ってます!

排卵検査薬について書いてみる

妊活中に一番お世話になったアイテム!排卵検査薬について書きたいと思います。

 

排卵検査薬

 

スティックに尿をかけて、その反応で排卵日を予測するというもので

病院や薬剤師さんのおられる調剤薬局、インターネット等で購入する事が出来ます。

 

排卵検査薬は、

排卵する為に必要な、『黄体形成ホルモン(LH)』に反応するしくみです。

 

この黄体形成ホルモンは、日々少しずつ分泌されているので、

排卵日が近くなくても検査薬は薄っすらと反応する事が多く、

この、薄っすらの反応はすべて陰性と考えます。

 

そして、排卵日が近くなると、黄体形成ホルモンの分泌は急激に上昇し

検査薬がしっかりと陽性になります。

 

一般的には、排卵検査薬が陽性になってから、

ふたたび陰性になった日が排卵だと予測されると言われています。

 

ただ、ちょっと注意が必要なのは・・・

排卵検査薬は黄体形成ホルモンに反応しているので、排卵検査薬が陽性になっても

その後、確実に排卵したかどうか、そこまでを調べるものではないと、いう事です。

 

排卵というのは、すごく気まぐれなんだそうで、

排卵検査薬が陽性になっている間に排卵してしまう事や、

陽性から陰性になって、数日後に排卵する。もしくは、排卵しなかった・・・

という可能性も無きにしも非ずだそうです(^^;

 

なので、確実に排卵したかどうかを知りたい場合は、

婦人科を受診して、卵胞チェックをしてもらうのが一番良いと思います。

 

それから、排卵検査薬の種類についてですが、日本製のもの、海外製のもの、

いろんな種類が販売されています。

妊娠する可能性が一番高いのは、排卵日の2日前と言われていますので、

それをきちんと予測出来るものを購入する必要があると思います。

 

排卵日の1日前や1日半前を予測するものを見かけた事もありましたので、

これだと、大慌てでタイミングをとっても、ちょっと遅かった・・・

という事になりそうなので・・・(^^;

 

私はというと、海外製の排卵検査薬を購入しました。

 

海外製のものは、ネットでしか購入出来ないので、少々面倒ではありますが、

日本製のものに比べると、とにかく安いのです(´ω`*)

生理周期が長くて、生理不順な私。。。汗

排卵検査薬を大量に使うであろう事は目に見えていました(笑)

 

 

購入した排卵検査薬はこちら・・・

 

f:id:usako-diary:20150625091913j:plain

 

ドクターズチョイスの排卵検査薬。排卵日の2日前に陽性反応が出るものです。

 

この排卵検査薬、不思議な事にパッケージが・・・

 

f:id:usako-diary:20150625091920j:plain

 

なぜかドクターズチョイスと書かれた部分はシールで、剥がすとWondfoでした!

Wondfoも、わりと有名な排卵検査薬ですね。海外製って面白いです(*'ω'*)

 

妊活中の2周期の間、この排卵検査薬に大変お世話になった訳ですが

2周期とも、私が思っていた排卵日より大幅に遅れ、

この2周期だけで排卵検査薬70本を消費しました(笑)

 

でも、そのおかげで妊娠する事が出来たので、排卵検査薬様様です(*^-^*)

 

★よろしければ下記の記事もご覧くださいませ<(_ _)>

usako-diary.hatenablog.com

usako-diary.hatenablog.com