読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさ子の育児日記

2015年12月に第一子を出産。育児日記以外に、ベビ待ちの記録とマタニティライフ、ごはんにデザート、御猫様・・・その他いろいろ綴ってます!

出産レポ⑥ようやく出産!

12月23日の朝8時ごろ。

助産師さんが陣痛促進剤の点滴を持って、分娩室に来られました。

 

出産レポ⑤は下記になります。よろしければご覧ください<(_ _)>

usako-diary.hatenablog.com

 

陣痛促進剤、30分くらい経ったら効いてくるのかな~と思っていたら、

意外と早く、15分くらい経った時点で陣痛が復活して来ました。

少しずつ強い陣痛が来始めて、間隔も少しずつ短くなってきて、

9時前くらいにお産の体勢に入る事が出来ました。

 

 

そしてここで助産師さんが交代になったのですが、

新しく担当になってくださった助産師さんもすごく良い方で、

一生懸命に励ましてくださったので、安心してお産に取り組めました。

 

 

助産師さんのアドバイスを聞きながら、陣痛の波に合わせていきみました。

 

 

 

 

・・・が!!!

またしても陣痛が遠のき始めました(T_T)

 

 

なので、助産師さんが促進剤の点滴のスピードをあげてくださいました。

 

 

そして、陣痛が強くなってきて、いきんで・・・

しばらくすると、また陣痛が遠のき始めて・・・

助産師さんが点滴のスピードをあげて・・・

 

 

 

約1時間この繰り返し・・・(^^;

体力が落ちすぎていたのか、体質なのか、促進剤があまり効かないようでした。

 

 

そして・・・いきむ体力も無くなってきてしまいました。

 

朝ごはんはなんとか食べられたとはいえ、それまでほとんど食べられてなかったし、

この2日間ほとんど眠れてないしで、本当の本当に体力の限界が近づいて来ました。

 

担当してくださっている助産師さんも、赤ちゃんの状態などを確認し、

このままではちょっとまずいと思われたんでしょうね。

ドクターにヘルプの連絡をしてくださいました。

 

 

すると、男性のドクターと、女性のドクターと、助産師さんが一人ずつ

分娩室に入って来られて、赤ちゃんの状態やモニターを確認されました。

 

 

そして、男性のドクターが私のお腹の上に手を置いて・・・

 

 

 

「次の陣痛が来たら、お腹を押しますね。

かなり強い力で押しますので

それに負けないようにいきんでくださいね(^ω^)」

 

 

笑顔でサラッと言われました。

 

 

 

(;゚Д゚)!!!!!

あ・・・赤ちゃんを押し出す気や・・・。

 

 

すごく怖く感じました。

 

 

でも、赤ちゃんを早く産んであげたいし、男性のドクターは若い方でしたが

すごく落ち着いておられて、慣れておられる感じがしたので

信じてお任せする事にしました。

 

 

・・・と、こんな事を考えているうちにも陣痛の波が来て・・・

残っている力を全部使う勢いでいきみました。

 

 

するとすぐに、裂けたのか切られたのか、鋭い痛みを感じました。

でも痛がっている余裕は無くて、私はボロボロになってもいいから、

とにかく赤ちゃん元気に産まれて来て!とそのままいきみました。

 

 

そして・・・

 

 

 

 

ぼこんっ!!!!

(本当にこんな感じの音でした。笑)

 

 

 

目が点になって、主人と顔を見合わせました。

 

 

 

・・・うにゃ~!!!!!

うにゃっうにゃっうにゃっ・・・・・・

 

 

女の子らしい可愛い可愛い声で、猫みたいな泣き声が聞こえてきて、

ドクターと助産師さんが次々に「おめでとうございます」と言ってくださいました。

 

 

12月23日、午前10時02分。体重2864g、身長48.6cm。

 

25時間22分にわたる長い長いお産でしたが、

とても元気な女の子を無事に出産する事が出来ました。

 

 

はぁ~、赤ちゃん元気に産まれて来てくれて良かった・・・。

これでやっとちょっと ひと息つける・・・。

  ・・・と、思ったのもつかの間。このあとまた予想外の出来事が起こりました(^^;

 

 

 かなり長くなってすみません<(_ _)>

次回で出産レポは最後に出来ると思います<(_ _)>

usako-diary.hatenablog.com