うさ子の育児日記

2015年12月に第一子を出産。育児日記以外に、ベビ待ちの記録とマタニティライフ、ごはんにデザート、御猫様・・・その他いろいろ綴ってます!

やっぱり、お魚が美味しい!カレイのムニエルを作りました。

数日前の晩ごはんの記事になります。

近所のスーパーは、お魚の種類がちょっと少ないのですが、

久しぶりに、カレイを見つけたので買ってみました。

 

サッと片栗粉をまぶして、オリーブオイルとバターで焼いて

ムニエルの出来上がりです!

 

f:id:usako-diary:20150721154922j:plain

カレイはあっさりしているので、暑い夏でもサッパリいただけますね!

我が家では、乾燥パセリとレモンのソースをかけていただきます。

 

f:id:usako-diary:20150721155257j:plain

付け合せは、オリーブオイルで焼いたエリンギとアスパラ、

ホイルに包んで蒸し焼きにしたトマトです。

あと、写真を撮り忘れてしまいましたが、人参と卵のスープも作りました。

 

最近どうしても、昼間はクーラーをつけて涼んだり、

冷たい飲み物を飲んだりしてしまうので、

なるべく暖かい野菜を食べるようにしています。

 

そうそう、今日はトマトについて、調べた事を書いておきたいと思います。

つわり中でも比較的食べられる人が多いトマト。

私も毎日のようにトマトを食べていました(笑)

 

まず、毎日沢山食べても問題ないかという事・・・

結論からいうと、トマトは食べ過ぎたとしても、全く問題ないそうです!

 

トマトにはビタミンAが含まれています。

妊娠中にビタミンAを大量に摂取すると、胎児に影響が出ると言われているので、

トマトの食べ過ぎを気にされる方もいらっしゃっると思いますが

 

胎児に影響が出ると言われているのは、動物性のビタミンA(レチノール)で、

野菜のビタミンA(βカロテン)は、体に必要な分だけ吸収されて、

摂りすぎた分は、体外に排出されるので、何の心配もいらないそうです(^ω^)

 

それに、トマトには葉酸が含まれていますので、

妊活中・妊娠初期の女性にとっては、とても嬉しい食材でもあります!

 

食べる時のちょっとした注意点としては、

トマトは夏野菜で、体を冷やす効果があると言われていますので、

冷えたトマトばかり食べるのでは無く、加熱したトマトも食べるという事です。

 

私がトマトを生で食べる時は、出来るだけ常温で食べるようにしていました。

常温で食べるだけでも、体の冷え方はだいぶ違ったように思います(*^^*)

 

つわり中は、食べられる食材が本当に少なくて、

お茶やお水も飲めなかったので、どれだけトマトに助けられた事か・・・(笑)

それに、妊娠中って味覚が変わるのか、トマトがこの世の物とは思えないくらい

美味しく感じるんですね(笑)

 

だから、安定期に入った今でも、我が家の食卓には、よく登場するトマトですが、

栄養のバランスもあるので、トマトばかり食べるのではなく

他の食材も一緒に、しっかり食べていきたい思います(^ω^)