うさ子の育児日記

2015年12月に第一子を出産。育児日記以外に、ベビ待ちの記録とマタニティライフ、ごはんにデザート、御猫様・・・その他いろいろ綴ってます!

妊娠検査薬フライングの続き、高温期10日目から12日目!

この記事は、高温期10日目11日目12日目にさかのぼって書いています。

前回の続きになります。

 

高温期7日目から9日目のフライング検査記事はこちらをご覧ください。

usako-diary.hatenablog.com

 

高温期8日目から、幻のような薄っすら判定ラインが見えた私(^^;

期待と不安でいっぱいになりながら、

高温期10日目妊娠検査薬のフライングを実行しました。

 

f:id:usako-diary:20150701001250j:plain

 

それでは、高温期10日目のフライング結果です。

 

f:id:usako-diary:20150701001340j:plain

 

矢印が示すところに、薄~~っすらと判定ラインがあるのが見えますでしょうか?

本当に薄っすらです。

 

それから、こちらが高温期11日目のフライング結果。

 

f:id:usako-diary:20150701001549j:plain

 

まだまだ薄いですが、判定ラインが分かるようになって来ました。

基礎体温も高温期をまだまだ継続中です。

 

それから、次は高温期12日目です。

 

f:id:usako-diary:20150701001906j:plain

 

薄いですが、判定ラインがあるのがしっかり分かります。

高温期8日目から見えていたものは、幻のラインでは無かったようです!

まだまだ不安もありますが嬉しいです。

 

高温期7日目から12日目の比較。

 

f:id:usako-diary:20150701002048j:plain

 

分かりにくいですが、順調に少しずつ濃くなっています。

 

そうそう、この時点では、まだ誰にも報告していませんでした。

 

また機会があれば、書いて残しておきたいと思いますが、

私は、前の周期もフライング検査を実行していました。

 

そして前回は、高温期9日目に見えたラインが、次の日には更に薄くなり、

そのまた次の日には消えてしまいました。

もしかしたら、化学流産だったのかも知れません。

 

妊娠検査薬のフライングをするにあたり、これも注意点ですね。

生理が遅れてから妊娠検査薬を試す時とは違い

こうやって、化学流産の可能性に気づいてしまう事があります。

 

化学流産の原因は、ほとんどが受精卵側の都合によるもので、誰のせいでも無く、

誰にでも起こりうる可能性があります。

 

でも、この化学流産の可能性を知る事で、すごく落ち込んでしまう方には

妊娠検査薬のフライングは、あまりお勧め出来ないかなと思います。

 

・・・と、前の周期はこんな事があったのですが、

生理予定日にしっかり陽性反応が見られれば、主人に報告する事に決めました。

 

高温期13日目からのフライング結果は下記になります。

usako-diary.hatenablog.com

妊活中・妊娠初期に必要な葉酸については、下記の記事をご覧ください。

usako-diary.hatenablog.com