うさ子の育児&ベビ待ち日記

2015年12月に第1子を出産。育児日記以外に、ベビ待ちの記録とマタニティライフ、ごはんにデザート、御猫様・・・その他いろいろ綴ってます!

妊娠超初期症状!?(第1子)

妊娠14週目を迎える事が出来ました!この記事は、高温期5日目・6日目に遡って、私が感じた妊娠超初期症状について残しておきたいと思います。

 

妊娠超初期症状

 

高温期に入ってから、生理予定日までってすごく長く感じますよね(^^;

何か妊娠超初期症状らしきものはないかと、敏感になってしまう事が多いです。

 

f:id:usako-diary:20170922234056p:plain

 

私の場合、高温期1日目から5日目の夕方までは、妊娠超初期症状らしきものは何も無く、それどころか、基礎体温が高温期に入ってからも36.40~36.50度と低いところを彷徨い、なんとな~くリセットするんだろうなと思いながら毎日を過ごしていました。

 

高温期の数え方は、排卵日と予測される日を0日目とし、その次の日から、高温期1日目・2日目・・・と数えます。

 

さて、妊娠超初期症状についてですが、あれ!?もしかして、これが!!?と、異変を感じたのは、高温期5日目の夜、寝る前だったと思います。

 

なんか、乳首に違和感?を感じるんです・・・汗;

 

私は生理前になると胸が張って少し痛くなります。でも、この時の乳首の違和感は生理前とは明らかに違い、引っ張られるような、なんか変な違和感でした。でも、下手に期待して ぬか喜びするのも悲しいので、あまり気にしないようにして眠りにつきました。

 

それから、次の日の高温期6日目の朝、またもや、あれ!?っと異変を2つ感じました。

 

ひとつ目の異変は、基礎体温です。

高温期5日目の朝までは、36.40~36.50度と低いところを彷徨っていたのですが、高温期6日目、36.70度 まで一気に上がりました!

 

基礎体温の二段階上がり

 

この言葉が私の頭に浮かびました。

妊娠すると、高温期の基礎体温の上がり方が二段階で上がる。という現象です。すべての人に起こる現象では無く、基礎体温が低めの人に起こりやすいそうです。

 

あ!もちろん、基礎体温が低めのまま妊娠され、二段階に上がる事無く、無事にご出産された方もおられます。

 

それから、ふたつ目の異変は下腹部の暖かさでした。

 

私はかなりの冷え性で、普段からお腹もとても冷たいです。それがこの日は、着替える時に少し触れただけでも分かるくらい、お腹がポカポカと暖かかったんです。

お腹の中で何かか起こっている!と思わずにはいられませんでした。

 

一般的に、精子卵子排卵日当日に受精し、その後、分裂を繰り返しながら7~10日かけて着床すると言われています。高温期6日目というとそろそろ着床しようと準備に取り掛かっていた頃だったのかも知れません。

 

このような症状を感じてしまうと、妊娠への期待が高まり、ついに高温期7日目。

妊娠検査薬のフライングをしてしまいました(^^;

せめて高温期10日目まで我慢しようと思ったのですが、我慢出来ませんでした(笑)

 

★よろしければ下記の記事もご覧くださいませ!

usako-diary.hatenablog.com

usako-diary.hatenablog.com